アロマセラピー関連グッズのオンラインショップ「Aroma Shop(アロマショップ)」

エッセンシャルオイル・アロマ専門通販AromaShop

  • 新規登録・ログイン
  • マイページ
  • カートを見る
  • 商品カタログ
 

1日の疲れを癒すアロマクラフト6選!心と身体をリフレッシュしよう

疲労ケア

最終更新 2024年2月5日

1日の疲れを癒すアロマクラフト お疲れケアのアロマレシピまで移動

なぜ、精油(アロマオイル)が1日の疲れを癒すのか

自律神経を整えるメカニズム

植物から抽出された精油(アロマオイル)は、様々な薬理作用が期待できると言われており、
特にフランスでは、医師の指導のもと医療の現場でも使用されています。

なぜ、精油(アロマオイル)は心身に影響を及ぼすことができるのでしょうか。

精油(アロマオイル)は自然界に存在する「有機化合物(芳香成分)」の集合体です。
ヒトが芳香成分を嗅ぐと鼻から嗅覚器官を経て、更に「大脳辺縁系」へとダイレクトに伝わります。
脳には「視床下部」があり、自律神経を司っています。

その視床下部には、昼間の活動モードの「交感神経」と、夜のリラックスモードの「副交感神経」があり、
私たちの生理機能をコントロールしています。
芳香成分は自律神経に刺激を与えるため、活動モードの「交感神経」を緩め、代わりにリラックスモードの「副交感神経」を活発にしてくれます。(但し、その逆の作用を与えるものもあります。)
「副交感神経」が優位になることで、筋肉が緩み、関節の緊張が和らぎ、神経の過敏性を抑え、体の修復や気分をリラックスさせてくれます。

こんな人におすすめ!お悩み別、精油(アロマオイル)

「疲れ」と言っても、人によって異なります。

お悩み別の精油(アロマオイル)をご紹介します。
ぜひ、ご自分に合った精油(アロマオイル)を見つけてくださいね。

多忙な人におすすめの精油(アロマオイル)

香りを嗅ぐだけで、リフレッシュできる精油(アロマオイル)は、ゆっくりする時間がない人におすすめです。

  • レモン

    レモン

    レモンの爽快な香りは、気分をリフレッシュさせるだけでなく、
    集中力もUPしてくれます。

    商品詳細を見る
  • 真正ラベンダー

    真正ラベンダー

    甘さとハーバルさを併せ持つやさしい香りの真正ラベンダーが
    緊張した心を緩めてくれます。

    商品詳細を見る
  • フランキンセンス

    フランキンセンス

    古代より宗教儀式でも使用されているフランキンセンス。
    深いウッディな香りは心を安らかにしてくれます。

    商品詳細を見る

肩・腰が疲れている人におすすめの精油(アロマオイル)

オフィスワークや家事、スマホなどの見過ぎで、肩や腰が疲れている人に、基材と混ぜてお疲れの箇所に塗布するのにおすすめの精油(アロマオイル)です。

  • ゼラニウム

    ゼラニウム

    ローズ調の華やかな香りの中に、
    グリーンでほのかにスパイシーな温かみも感じる香りです。
    心身の疲れを癒してくれると言われています。

    商品詳細を見る
  • ラヴィンサラ

    ラヴィンサラ

    ラヴィンサラは、すっきりとしたハーバルでクリアな香りです。
    原産国のマダガスカルでは、古来より万能薬として使用されていました。

    商品詳細を見る
  • ベイローレル

    ベイローレル

    ベイローレルは心地よいグリーンとほのかなシナモンの甘さが感じられる香りです。
    慢性的なお疲れを癒してくれると言われています。

    商品詳細を見る

頭が疲れている人におすすめの精油(アロマオイル)

常に考えることが多くて、気持ちが落ち着かない人や体が疲れていても、眠りが浅い人、気分をリセットさせたい人におすすめの精油(アロマオイル)です。

  • イランイラン

    イランイラン

    芳醇でエキゾチックな香りが人気の精油です。
    自身の心からの解放をしてくれると言われています。

    商品詳細を見る
  • ローマンカモミール

    ローマンカモミール

    りんごを思わせるやさしい甘い香り。
    頭に上がった気を下げてくれると言われています。

    商品詳細を見る
  • マジョラム

    マジョラム

    温かみのある優しく甘いグリーンな香りです。
    心身のバランスをとり、強壮とリラックスの両方に役立つ精油と言われています。

    商品詳細を見る

1日の疲れを癒すアロマクラフト6選

外出先やご家庭で、アロマクラフトで1日の疲れを癒してみませんか。
簡単にできるアロマクラフト5選をご紹介します。

  • アロマインヘーラー

    アロマインヘーラー

    アロマインヘーラーは精油(アロマオイル)を滴下し、外出先で香りを楽しめるものです。 精油先進国であるヨーロッパの医療現場でも使用されています。香りをかぐことで咳の対策をしたり、精神的な不安をやわらげるために役立てられています。 周囲に香りが届かず、パーソナルに香りをかぐことができるアロマインヘーラーは「持ち運べるセラピスト」とも呼ばれる頼もしいアイテムです。

    アロマインヘーラーはこちら
  • アロマミルクバス

    アロマミルクバス

    1日の疲れを癒す方法として、最適なのは入浴です。 血行が促進され、新陳代謝が活発になり、また体をリラックス状態にさせる副交感神経が優位になります。 アロマミルクバスは、スキムミルクを使うことで、ミルキーかつまろやかなお湯になります。良い香りのお湯に身をゆだねると疲れた身体と心がゆっくりとときほぐされていくのを感じます。お湯は熱すぎずゆっくりと浸かれる38〜40度くらいがお肌の乾燥も防げます。

    レシピはこちら
  • アロマミスト

    アロマミスト

    空間や寝具などにアロマミストをスプレーすることで香りが広がり、疲れた気持ちをリセットさせてくれ、また頑張ろうと前向きな気持ちにさせてくれます。
    お好きな香りを使用することで、より心身に働きかけてくれます。

    レシピはこちら
  • アロマバーム

    アロマバーム

    長時間、同じ姿勢でパソコンやスマホを使用する機会が多くなり、肩、首や腰に負担をかけています。 そんな時に、肩、首や腰の疲れを和らげてくれる精油(アロマオイル)が入ったバームを、塗布しましょう。
    特にお風呂上りに塗布すると効果的です。

    レシピはこちら
  • アロマロールオン

    アロマロールオン

    アロマバームと同様に疲れた肩、首や腰に塗布します。 ロールオン容器にキャリアオイルと精油(アロマオイル)をブレンドしたものを入れ、 疲れた箇所にくるくると塗布します。

    レシピはこちら
  • アロマお香

    アロマお香

    オリエンタルで「和」を感じさせるお香の香りに包まれて、ゆっくりと立ち昇る紫煙を眺める時間を楽しめば、煙とともにその日の疲れも消えていくようです。

    レシピはこちら

まとめ

ここでご紹介した精油(アロマオイル)以外にも、たくさんの種類があるので、色々試され、ご自分に合った精油(アロマオイル)を見つけてみませんか。
アロマクラフトは、意外に簡単にできて、香りを楽しみつつ心身が癒されます。 ぜひ、1日のお疲れをアロマクラフトで癒されてください。

疲れた自分を休めてあげるためのアロマバスレシピ

「疲れたら、休む」そんな当たり前の行動ができない現代人の皆さまへ、疲れた自分を休めてあげるためのアロマバスレシピをご紹介します。家に帰って眠りにつく前に、良い香りのお湯に包まれて、日々の疲れを回復してください。

準備するもの

疲れた自分を休めてあげるためのアロマバスレシピ

材料

  • バスベース 付属のキャップに1杯
  • ゼラニウム精油 3滴
  • ベルガモット精油 4滴
  • ブラックペッパー精油 1滴

アロマレシピの手順

  1. 1

    手順1

    1)バスベースをキャップに一杯分入れます。(付属キャップのメモリを確認してください。)

  2. 2

    手順2

    2),法▲璽薀縫Ε狎彩 3滴、ベルガモット精油 4滴、ブラックペッパー精油 1滴を加えます。

  3. 3

    手順3

    3)精油がバスベースによって乳化したらと、浴槽に入れてよく混ぜてアロマバスをお楽しみください。

  4. 4

    手順4

    4)バスベースはお湯の感触をやわらかくしてくれます。また、溶かした直後は、小さな泡が浮きますが自然になくなります。

このアロマレシピについて

ブラックペッパー

ベルガモットとゼラニウムのフローラルな香りの中に、ほんのわずかにブラックペッパーのスパイシーさが加わることで、ぐっと香りが締まり、深みのある香りを表現することができます。湯気とともにひろがる香りを楽しみながら、疲れはお湯にとかしてリフレッシュしてください。

レシピに登場した商品をチェックする

→ ブラックペッパー5mL

疲れた心を穏やかにしてくれるお香

精油のブレンドで和の気分を味わってみませんか。
京都をイメージした香りが疲れた心を穏やかにしてくれるお香のアロマレシピをご紹介します。

準備するもの

疲れた心を穏やかにしてくれるお香

材料

  • ゼラニウム精油 4滴
  • 柚子精油 12滴
  • クローブ精油 4滴
  • たぶ粉 大さじ1.5杯
  • 水 適量
  • 画用紙などの厚紙

道具

  • たぶ粉と精油を混ぜるための皿
  • スプーン

アロマレシピの手順

  1. 1

    手順1

    1)最初に厚めの用紙で円すい形のコーンを作ります。

  2. 2

    手順2

    2)たぶ粉をお皿に入れます。

  3. 3

    手順3

    3)ゼラニウム精油 4滴、柚子精油 12滴、クローブ精油 4滴を加えて混ぜます。

  4. 4

    手順4

    4)水を少しずつ加えて、手で握ってしっかり塊ができるまでよく練ります。精油の量が多いので加える水の量は慎重に。(ぎゅっと握った時にぽろぽろとこぼれるかどうかの固さを目安にしてください。)

  5. 5

    手順5

    5)コーンの中に空気が残らないように、隙間なく詰め込んで形を整えます。

  6. 6

    手順6

    6)1週間程度日陰に置いて乾燥させ、水分がなくなったら型から外して出来上がりです。

このアロマレシピについて

柚子

たぶ粉はお香を作る時に必要な材料で、たぶは「椨」と書き、クスノキ科の常緑高木です。線香やお香も同じタブ粉を使って出来ています。京都の“はんなり”をイメージした香りでゆっくりと疲れをいやしてくださいね。

レシピに登場した商品をチェックする

→ 柚子5mL
PAGE TOP