アロマセラピー関連グッズのオンラインショップ「Aroma Shop(アロマショップ)」

エッセンシャルオイル・アロマ専門通販AromaShop

  • 新規登録・ログイン
  • マイページ
  • カートを見る
  • 商品カタログ
 

【用途別】練り香水レシピ集!あなただけの香りを身につけてみませんか?

練り香水

最終更新 2024年1月26日

【用途別】練り香水レシピ集!あなただけの香りを身につけてみませんか? 練り香水のレシピまで移動

練り香水とは?

練り香水とは、ミツロウやワックスなどに香料を加えた固形の香水です。

また、ソリッドパフュームとも言われています。

通常の香水にはアルコールが入っていますが、練り香水には入っていないので、お肌がアルコールに弱い人におすすめです。香りの持続時間は、香水に比べると短く約1〜2時間です。

練り香水の魅力

練り香水は、スティックタイプやアルミ容器などに入っているため、持ち運びに便利です。 また、香水に比べ穏やかにフワッと香り、気軽につけやすいものとなっています。

練り香水の基材として使用されるのは、ミツロウ、シアバターなどです。適量を肌や髪に塗布します。

用途別・練り香水の使い方

優しく香るため普段使いや通勤にも使用できます。また持ち運びにも便利で、いつでもどこでも香りを簡単にまとうことができます。

ビジネスシーンに

穏やかに香るので、ビジネスシーンでも邪魔になりません。スッキリとしたハーブ系や柑橘系の香りの練り香水を髪や手首に付けてみましょう。

休日の外出時に

お好みの香りをまとうことで、休日の外出が楽しく感じます。柑橘系やフローラル系の心躍る香りを選びましょう。

就寝時に

1日の終わりをまったり過ごしながら、眠りにつきたいときに手首や首筋につけてみましょう。落ち着いたウッディ系やレジン系の香りをベースにするのがおすすめです。

基材別・練り香水の作り方―基材別

ここでは3つの基材を用いて練り香水の作り方をご紹介します。

お好みのテクスチャーや保管する容器に合わせて、基材を選びましょう。

ミツロウ

ミツロウ

ミツロウはミツバチの巣を構成しているロウの不純物を取り除いて作られたワックスです。

天然成分が多く残っている黄色い未精製のものと、クセの少ない漂白された白い精製のものがあります。アロマクラフトとしてよく使用される基材の一つで、保湿、殺菌、抗炎症に優れていると言われています。人によっては、ミツロウの匂いが苦手に感じる場合もあります。

シアバター

シアバター

アフリカのサハラ砂漠の南側に自生するシアの木から抽出された植物バターです。

抽出油やバターは、何世紀ものあいだ先住民によって使用されていて、化粧品用のクリームの基材としてよく使用されます。 保湿に優れたオレイン酸を多く含んでいるので、ハンドクリームの代わりにも使えます。 脂肪酸構成上、ダマになりやすく、未精製のものは刺激を感じる場合があります。

材料

シアバター
(※固形の状態で)10g
お好みのアロマオイル(精油)
10滴
フタつき容器 
容量10mL
ビーカーなどの耐熱容器
鍋(湯煎用)

作り方

.咫璽ーなどの耐熱容器にシアバターを入れ、鍋で湯煎(40℃くらい)します。
▲轡▲丱拭爾溶けたら、フタつき容器に入れ替え、アロマオイル(精油)を加えて混ぜます。
8任泙辰燭藉粟です。

ワセリン

ワセリン

ワセリンは石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したものです。塗布することで肌の上に油膜を張り、肌の水分の蒸発を防ぎます。

ワセリンは病院で処方されたり、ドラッグストアや薬局で販売されています。混ぜるだけで簡単にできる基材です。肌には吸収されないので、洋服などにつく場合があります。

材料

ワセリン
(※固形の状態で)10g
お好みのアロマオイル(精油)
10滴
フタつき容器 
容量10mL

作り方

.侫燭弔容器に、ワセリンを移し替えます。
↓,縫▲蹈泪イル(精油)を加えて、混ぜます。

容器のご紹介

タムタム缶

タムタム缶

小型のクリーム・軟膏容器です。シールやラインストーンを付けて、デコレーションしてみてはいかがでしょうか。

スティック型

スティック型

リップスティックのように繰り出しして使用できるので、最後まできれいに使用できます。マスキングテープでデコレーションしてみましょう。

チューブ

チューブ

テクスチャーが柔らかいものを搾り出すことができる容器です。保存性に優れ、100円ショップで販売されている注射器(シリンジ)で詰め替えが可能です。

まとめ

練り香水の使い方や作り方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 意外に簡単に作れる練り香水。香水よりも香りが優しく、普段使いにお勧めです。 季節ごとや生活シーンに合わせて、自分好みの香りをまとってみませんか。

あなただけの香り 練り香水

お気に入りの精油をブレンドしてオリジナルの練り香をつくることができます。華やかなローズ・オットーの香りを使った練り香水のレシピをご紹介します。

準備するもの

あなただけの香り 練り香水

材料

  • ミツロウ(ビーズワックス))4g
  • ホホバオイル 10mL
  • ローズ・オットー精油 4滴
  • パルマローザ精油 3滴
  • サンダルウッド精油 2滴
  • パチュリ精油 1滴

道具

  • ガラスかくはん棒
  • ビーカー(容量30mL)
  • アルミ容器

アロマレシピの手順

  1. 1

    ビーカーにミツロウ 4gとホホバオイル10mLを入れ、電子レンジにかけて溶かします。

  2. 2

    あら熱がとれたら、精油を全て加えて、ガラスかくはん棒でよくかき混ぜます。

  3. 3

    アルミ容器に移し、ひやし固めたら出きあがりです。

このアロマレシピについて

パチュリ

練り香水は手首やうなじなど日光にあたる部分につける場合は、クマリン類(ベルガプテンなど)が含まれるグレープフルーツやレモン、ベルガモット、ライムは使用をお控えください。

アロマレシピに登場した精油

→ パチュリ 5mL

気持ちを明るくしたい時に、セラピストのおすすめ

マンダリン

マンダリン

詳細はこちら
プチグレン

プチグレン

詳細はこちら
ゼラニウム

ゼラニウム

詳細はこちら
ジャスミン

ジャスミン

詳細はこちら
PAGE TOP